プログラマコースがある専門学校で学べること

未分類

パソコンプログラマコースがある専門学校に入学すると、民間企業で活躍されていた優れた講師のセミナーを受けることができ、コンピュータの基本的な操作や、ソフトウェアとは何か、ハードウェアとは何かといった基礎からしっかりと学習するため、パソコンのことをよく知らない初心者の方も安心して学べます。その後、システム構築不可欠なC言語、JAVA言語、C++、C#など多くのプログラム言語をわかりやすく学び、最終的には本物のサーバーなど高価な機器を使い実践も経験できるため、卒業時にはどこの企業でも働ける幅広く役立つ知識を得ることができます。試験対策への手厚くサポートもあり、たくさんの資格を取得することができるのも魅力の1つです。

学び始めて1年ほどでとれるものは、基本情報技術者試験や情報システム試験が一般的です。その次は、ネットワーク系に必要不可欠なデータベーススペシャリスト試験や、ネットワークスペシャリスト試験へと進みます。ウェブデザイン技能検定もウェブを開発者を目指すなら合わせて取っておきたい試験です。その他、スマホアプリの会社を狙うのであれば、Androidアプリケーション技術者認定試験やAndroidプラットフォーム技術者認定試験もポイントになります。アニメ編集に携わりたいのであれば、CGクリエーター検定もおすすめです。