プログラマコースがある専門学校卒のメリット

未分類

就職プログラマコースがある専門学校では、成績上位者は推薦で就職することがかなり期待できます。専門学校と企業とが密に情報交換をしていることに加え、専門学校は、どういった知識をもった学生が企業に求められているのかを熟知しており、そのポイントを押さえたうえでカリキュラムを組んでいるのが大きなポイントです。将来どういった職に就こうか悩んでいる場合は、一緒に適正を考えてくれるカウンセリングや、模擬面接や、履歴書作成のサポートまでしてくれる専門学校も存在します。

卒業後は、在学中にどんな資格を取得したかにも大きく影響されますが、システムエンジニア、セキュリティスペシャリスト、ネットワークエンジニア、ログラマー、システムコンサルタント、モバイルアプリ開発者、Webプログラマなど幅広い分野で活躍されています。有名IT企業のインターンシップが充実しているので、早いうちから多くの経験を積むことができるのもメリットの1つです。一般の大学の情報学科卒の方と比較しても、座学だけの知識しかない学生とは、知識と経験値に雲泥の差があり、企業側もそれを熟知していますので専門学校卒というのは、大きなアドバンテージと言えます

プログラマコースがある専門学校で学べること

未分類

パソコンプログラマコースがある専門学校に入学すると、民間企業で活躍されていた優れた講師のセミナーを受けることができ、コンピュータの基本的な操作や、ソフトウェアとは何か、ハードウェアとは何かといった基礎からしっかりと学習するため、パソコンのことをよく知らない初心者の方も安心して学べます。その後、システム構築不可欠なC言語、JAVA言語、C++、C#など多くのプログラム言語をわかりやすく学び、最終的には本物のサーバーなど高価な機器を使い実践も経験できるため、卒業時にはどこの企業でも働ける幅広く役立つ知識を得ることができます。試験対策への手厚くサポートもあり、たくさんの資格を取得することができるのも魅力の1つです。

学び始めて1年ほどでとれるものは、基本情報技術者試験や情報システム試験が一般的です。その次は、ネットワーク系に必要不可欠なデータベーススペシャリスト試験や、ネットワークスペシャリスト試験へと進みます。ウェブデザイン技能検定もウェブを開発者を目指すなら合わせて取っておきたい試験です。その他、スマホアプリの会社を狙うのであれば、Androidアプリケーション技術者認定試験やAndroidプラットフォーム技術者認定試験もポイントになります。アニメ編集に携わりたいのであれば、CGクリエーター検定もおすすめです。

プログラマコースがある専門学校について

未分類

インターネット今話題となっている、IoTという言葉の意味をご存じでしょうか。IoTとは、Internet of Thingsの略で、簡単に説明するとすべてのものをインターネットに接続して操作できるようにすることを言います。身近なものでいうと、スマホやパソコンがインターネットにつながっていますが、それだけでなく例えば玄関のドアの開閉をスマホからできるようにしたり、プランターにセンサーを仕込んで置きそのセンサーをインターネットにつないでおくことで、土が乾き始めたら水をあげてもらうためのメールを送るなどが可能になります。また、ペットを飼っているご家庭の場合、部屋の様子をスマホから確認し、スマホのボタンを押すだけで部屋の温度調節ができたり決まった量の餌を出すこともできます。こういったものを構築するためには、すべてに対しプログラムが必要不可欠です。また、スマホの普及に伴いテレビゲームだけでなくオンラインゲームやゲームアプリの需要も上がっています。こういったゲームもプログラムから構成されています。

これらの背景から、プログラマーの需要が高まっており、プログラムコースがある専門学校の人気も上昇傾向にあります。ただ、プログラムと一言でいっても、ゲームプログラムやモバイルプログラム、クラッキングなどから守り安全にデータを送受信するためのネットワークプログラム、介護ロボットなどの機械プログラムなど多岐にわたります。本サイトでは、プログラマコースがある専門学校でどんなことが学べるのか、卒業したあとの就職に有利なことはあるのかについてご紹介します。